教育研究上の理念・目標/自然科学類

 

主体的な探究心を育み、基礎科学分野の専門的知識を修得するとともに、
豊かな教養と高い創造力を身につけた、社会の変化に柔軟に対応できる人材の育成をめざす


20世紀は、科学と、その応用としての技術が飛躍的に発展した時代であり、豊かな物質文明が実現しました。21世紀における自然科学の新たな展開を支え、ナノテクノロジー、インフォメーションテクノロジー、バイオテクノロジーなどに代表される先端科学のより一層の発展を求める社会的要請に応えるためには、これらの基盤である基礎科学の教育研究体制を充実させ、幅広い視野と高度な専門的知識とを兼ね備えた人材を育成することが不可欠です。 さて、一方で豊かな物質文明をもたらした科学技術は、同時に地球規模の環境破壊をひきおこし、それは生命の存在を脅かすまで深刻化しています。また、情報技術がもららした高度情報化社会は、いったん情報の混乱が起こればその存在が脅かされるまでに複雑化しています。地球環境に調和した科学技術と人間社会に融和した情報技術の創造は21世紀の重要な学際的課題であり、その解決のためには、基本的な原理に基づいて現象を本質的に理解する必要があります。すなわち、「基礎科学」 の教育研究の役割は、年々その重要性を増しているのです。 このような社会的要請に鑑み、私たち大阪府立大学理学部では、主体的な探究心を育み、基礎科学分野の専門的知識を修得するとともに、豊かな教養と高い創造力を身につけた、社会の変化に柔軟に対応できる人材の育成をめざしています。

学科毎の「教育理念・目標」 および 「教育目標とカリキュラムとの対応」 については、以下のサイトをご参照下さい。


・物理科学課程
・分子科学課程
・生物科学課程